スーツの男性

一般企業の公認会計士のスキルをキャリアアップ

  1. ホーム
  2. 会社の清算

会社の清算

紙を持つ人

手続きの進め方

会社を設立する際の手続きについては一通りの知識を持っていても、会社清算手続きに関しては全く知識を持っていないという会社経営者が少なくありません。誰しも、最初から倒産することを前提にして会社を起こしたりはしませんから、会社清算手続きの方法を知らない方が当たり前だということができます。しかし、現実的なことを考えると、自己完結的な事業を行っている会社は存在していません。取引先や顧客などがいるからこそ、事業収益を出すことができるのです。会社の倒産や廃業は、第三者に多大な影響を与える出来事であるため、法律によって会社清算手続きの方法が厳格に定められています。全ての手続きを会社経営者自身が行おうとすると、手続きの遺漏やミスが発生する可能性が高いため、専門家が提供している会社清算サポートサービスを利用するのが望ましいです。

今後の会社経営

一昔前までは、会社の経営がにっちもさっちもいかない状況に追い詰められてしまうまで、頑張り続ける経営者が大半でした。会社が潰れてしまえば、多くの従業員を路頭に迷わせてしまうことになりますし、信頼して取引を続けてくれていた取引先企業にも多大な迷惑をかけてしまうことになります。そのような事態に陥ってしまうことを何とか避けようとしてギリギリまで頑張った挙句、結果的に一番望ましくない状況に陥ってしまうケースが多々ありました。しかし、近年になり、もっと早い段階で、発展的な会社清算を図るケースが増えてきました。現実的なことを考えると、たとえ今は赤字を出していなくても、将来的な発展が全く望めない会社というものも存在しています。そのような場合、タイミングを見計らって自ら会社清算手続きをとってしまうようにした方が、有利な結果に結びつく可能性が高いです。そのため、近年では、専門家のアドバイスを受けながら、早い段階で会社を清算するケースが増えてきています。また、この傾向は今後さらに顕著になるだろうと予想されています。